So-net無料ブログ作成

アマゾン [シルバーウィングでGO]

今年もまた経験したことのないような雨が佐賀県などを襲っている。テレビで見るだけで何も出来ない。何ともお気の毒としか言いようがないが,近年の地球温暖化が影響しているなら,日本もアメリカも本気で取り組まなければなるまい。
折りもおり,アマゾンの森林火災でかの地の緑が急速に失われているとの報道だ。今年の森林火災件数が8万件と聞いては南米諸国だけの手には負えない状況だろう。ブラジル大統領は使い道を自分達で決められるなら,他国からの支援金を受け入れようと表明したそうだ。ブラジル大統領は森林を守るつもりなのか更にアマゾン開発を進めるつもりのどちらだろうか。
アマゾンの森林が失われることと地球温暖化とどうつながるのか。ああ,そうか。酸素の生産が少なくなることより,温暖化の主たる原因物質,二酸化炭素が大量に放出されるわけだ。
一般に,バイオマスエネルギーとして消費されても森林として再生されれば,二酸化炭素は森林に吸収されるから問題にする必要はないと思われてきたが,アマゾンの森林は果たして再生可能かどうかだ。今までの開発状況をみれば,このままベアグランドの可能性が否定できない。
アマゾンの森林火災に比べれば,太陽光発電の為に野田市のあっちこっちの小さな林の伐採などとるに足らない規模だろう。ただ,鳥の声が聞こえなくなった。カメラを持ち出すチャンスもずっと減った。ちょっとばかり辛い。

a to z か
P1080223.JPG
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

LargeKzOh

 フェイクかどうか、自分には判断のしようがありませんが、ネットニュースではブラジル大統領は温暖化説懐疑派/否定派らしく、アマゾン森林地帯の開拓は自分等の権利と主張しているそうです。
 温暖化説はおよそ地球科学に関わるほぼ全ての分野専門家の調査研究成果を集大成した仮説ですが、反対は熱力学の専門家、気象学/気候学の専門家・・・等々、地球科学の中の一分野の専門家に過ぎない例が圧倒的で、最近その反面的典型例が書籍にもなっています(地球温暖化の不都合な真実・・・の様なタイトル)。
 EUはブラジル産農作物の不買等のペナルティ等を検討している様ですが、果たして・・・
 既に手遅れ。 氷河期の到来を待つばかり・・・と言う学識者も居る時代です。
 どうなる事やら。
 次の世代の方々は大変な時代に直面する事になりそうです。

by LargeKzOh (2019-09-01 15:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。