So-net無料ブログ作成

もしも田中角栄,福田赳夫,大平正芳だったら [シルバーウィングでGO]

日本と韓国の関係が戦後最悪になっている。
慰安婦問題,徴用工問題,自衛隊機に対するレーダー照射問題と続き,ついに安倍首相が切れた。そして思い切った反撃に出た。輸出国待遇をワンランク下げた。韓国も同様に日本に対する輸出優遇をやめついにはGSOMIAとかいう軍事的連携もストップしてしまった。金正恩が高笑いし,習近平がにんまりし,プーチンが喜んでいるのは間違いない。
日韓の輸出入が鈍り,人も金も行き来が滞りつつある。日本国内では不買運動の話は聞かないが,長引けば韓国製品に対する敬遠気分が広がる可能性もある。いつの間にかお互いに得にならない状況に陥りつつある。ただし,日韓政府は自国経済へのマイナスは分かっていてもお互いに引くに引けない。
私は日本人だからということもあるかもしれないが,1965年の日韓補償交渉が妥結しているにもかかわらず再度の補償を求めてきたこと,慰安婦問題についても「不可逆的解決」を双方納得し,安倍首相の謝罪と金銭的補償を決めたが,この問題もご破算にして補償のための財団を勝手に解散してしまったこと。この二つは,国家間の信義を破る行為だと言わざるを得ない。
普段,私は安倍首相に厳しい目を向けることが多い。しかし,今度ばかりはちょっぴり同情的だ。ただし,このままでは両国にとって益々不幸な結果になる。何とかしてこれ以上の事態悪化を避けたい。そのために,なにか手だてはないだろうか。
韓国はキリスト教徒が多いがその一方儒教精神が強い国だとも言われる。理よりも礼節を重んじる精神構造が特徴だ。交渉に当たっては多少相手を立てる姿勢が必要かもしれない。実は,理屈屋の私の最も苦手とするところだ。
もしも田中角栄,福田赳夫,大平正芳だったら,どういう交渉術を編み出しただろうか。理屈は誰でも言える。問題は相手の心の琴線に響く言葉を吐露出きるかどうかだ。田中角栄の愛弟子の小沢一郎に任せてみては・・・・,はぁだめですか。

犬猿のkenen懸念
kenen.jpg
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感