So-net無料ブログ作成

介護施設でのことでした [シルバーウィングでGO]

デイサービスに来ている人の話し相手をするために,自転車で5キロぐらいの所にある介護施設に出かけた。その時間いつもいるはずの男性利用者がいないので,一人になっている女性に話しかけてみた。お近くの農家に嫁いだ方だそうだ。
話が私の家でも作っている甘酒のことになると,むかし手作りしていたときのことを詳しく教えてくれた。今私の家では,ヨーグルトメーカーを使って8時間ぐらいで発酵させているが,農家では何日もかけて作っていたそうだ。麹造りから始める甘酒は作る量も私の所とは全然違うらしい。発酵温度も私の所では60度というかなりの熱さだが,昔は常温でゆっくりと発酵させていたそうだ。そう話す女性は90歳台だというにもかかわらず肌艶もよく口ぶりから頭もしっかりしていることが分かる。
この女性の家では自宅で造った麹を使って味噌も仕込んでいたそうだ。自宅で造った麹,畑からとれる豆,麦を使って毎年一桶造ったそうだ。麹,,豆,麦,を臼でついて塩を混ぜ蓋をして3年間発酵させるとできあがるという。だから,味噌桶は三つあって毎年一桶づつ食べるのだそうだ。買った味噌よりずっと美味しいと自慢気に聞かせてくれた。その桶が空になると新しい味噌を仕込むわけだ。
この女性の話では野菜も自給していたそうだがキュウリだけは別の農家からもらって食べていたそうだ。キュウリは絶対に作れないと言う不思議な話も聞かせてもらった。
なお,この介護施設には我が山の神も合唱やマジックを披露するために出かけることがある。私もいつか介護のお世話になって,我が山の神の歌やマジックに拍手を送ることになるのだろうか。
出来れば払っている介護保険料は無駄になってほしいもんだ。保険は何でも無駄になることが望ましい。
nursing.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感